妊娠時にはサプリメントで葉酸を補給するのがよいようです

ところで、葉酸とはどのような栄養素なのでしょう。葉酸は、ビタミンBの一種で、ほうれん草あるいはブロッコリーなどにふくまれている事で有名でしょう。

葉酸は、特に妊娠初期の妊婦にとって欠かせない栄養分で、流産や赤ちゃんの先天異常といったリスクを減らす効果があります。厚生労働省の発表によりますと、妊娠初期の女性は1日400μgの葉酸を摂るように勧められていますが、実際にご飯だけでまかなおうとするのはナカナカ大変なようです。

そのような場合はサプリメントで葉酸を補給するのも問題ありません。二児の母です。妊活をしていた時、産み分けについて興味があったので、本を買って読みました。一人目に男の子を産んでいたので、次は女の子を授かりたい、と考えていました。

本に載っていた、排卵日の特定からタイミングを合わせたりして、産み分けにチャレンジし立という理由です。妊娠が分かっ立ときは嬉しかったのですが、産み分けの事もあって赤ちゃんの性別を先生に確認するまでは期待と不安が入り混じったような気もちでしたが、女の子でしたから、主人もとても喜びました。産み分けをして良かったと思っています。

妊娠初期に多く代謝される葉酸は、細胞分裂をサポートし、造血に必須の栄養素です。さらには妊娠にも効果的な役割を果たし、とくに着床困難を解消するため、妊娠のチャンスが直接的に増えるのです。タイミング療法と合わせれば更に効果も出やすいでしょう。

それに、血液が増えると新しい血が体の隅々に栄養と酸素を届け、生殖機能そのものが底上げされ、不妊対策に良い結果を持たらすのです。