となりの犬、ハナゲリオンについて

大きな地震以来、となりの家の犬がものすごい声で吠えるようになった。
ワンワンやバウワウではなく、オオオオオォーンという遠ぼえだ。
しかし、まるで犬の声のように聞こえない。
どちらかといえばその声は、エヴァンゲリオンに似ていると、言える。

飼い主の呼び声から、ハナという名前と分かる。
ええええいっ、ハナうるさああいと聞こえている。
だから、我が家で、彼はハナゲリオンとなった。
飼い主がしつけ切れなかったからだろうけど、ハナは前からヘンだった。

気に入らない人が目の前を横切ると、マジ切れして、吠える土佐犬だ。
アメリカのことわざに「吠える犬はかまない」というのがあるが、本当だろうか。
うちの町内は、町内放送が流れるのだが、逸れにあわせて歌ったりもする。
たとえ彼にとっては陽気な歌だとしても、見た目が土佐犬だし、こっちは怖い。

こうして書いている間にも、ハナは誰かに吠えている。
そして時折、ハナゲリオンと化して、己の内の恐怖心と戦っている。

浮気調査

歯は大事にしないといけません。

恥ずかしながら、若い時には歯を磨かずに寝てしまったりとたびたびありました。
私には90歳になる祖母がいるのですが、いつも祖母が口を酸っぱくして言っていることがあります。
「歯を大事にしときなさいよ」と。

歯が丈夫じゃないと、物もおいしくたべられないし、内臓も弱ってくるんだよと教えてくれます。
私は昔、前歯が虫歯になり歯医者に行ったのですが、その歯医者で勝手に神経を抜かれてしまい前歯が黒くなってしまっていました。

それでなげやりになっていたせいか、歯を大事にしなくなっていました。
そんな時、左下の奥歯がひどい虫歯になってしまい、昔行っていた歯医者とは別の歯医者に通いだしました。

どうせなら黒くなった前歯も治療したいと思ったので、差し歯ではなくセレックという治療法ができる歯医者に通いだしました。
虫歯だらけでしたが、これは私にとって最後のチャンスだと思い全部の虫歯治療で通いだしました。
前歯もきれいになったので、これからは歯を大事にしていこうと思います。
看護のお仕事