となりの犬、ハナゲリオンについて

大きな地震以来、となりの家の犬がものすごい声で吠えるようになった。
ワンワンやバウワウではなく、オオオオオォーンという遠ぼえだ。
しかし、まるで犬の声のように聞こえない。
どちらかといえばその声は、エヴァンゲリオンに似ていると、言える。

飼い主の呼び声から、ハナという名前と分かる。
ええええいっ、ハナうるさああいと聞こえている。
だから、我が家で、彼はハナゲリオンとなった。
飼い主がしつけ切れなかったからだろうけど、ハナは前からヘンだった。

気に入らない人が目の前を横切ると、マジ切れして、吠える土佐犬だ。
アメリカのことわざに「吠える犬はかまない」というのがあるが、本当だろうか。
うちの町内は、町内放送が流れるのだが、逸れにあわせて歌ったりもする。
たとえ彼にとっては陽気な歌だとしても、見た目が土佐犬だし、こっちは怖い。

こうして書いている間にも、ハナは誰かに吠えている。
そして時折、ハナゲリオンと化して、己の内の恐怖心と戦っている。

浮気調査

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です