久しぶりのゴキちゃん

仕事から帰り、シャワーを浴び、お酒を飲みながらの夕食を終え、後片付けしながら、洗濯機も回し気分よく過ごしていました。
洗濯機終了のアラームが鳴り、窓からベランダへ。網戸も開けたまま、洗濯を干し終えました。
そして、窓からを締め、また、クーラーの効いたリビングへ。ふと窓の上の壁を見ると、大きなゴキブリが、ヨタヨタと這っています。
もう、だいぶ弱っています。

このマンションにすんで6年ぐらいになりますが、過去ゴキブリが出たのは、これで2回目です。
とにかく、ゴキブリに慣れていないわたし。
しかも、毒が、あるわけでも噛むわけでもないのに、大嫌いです。
とにかく、ヨタヨタなので、バシッと叩けばよいのでしょうが、なかなか勇気が出ません。
帰って来た娘とプチパニックです。私が、ギヤーギヤー言ってる横で、更に大きな声の娘は、カーテンの所にいたゴキちゃんに向かって殺虫剤をかけます。

どこに逃げたのか、カーテンをめくってもカーテンの下の方を見てもいません。すると娘が、「ここにおるやん」と指さした所が台所でした。え?いつの間に??あんなに、ヨタヨタなのに、いつの間にここまで来たのかと、ゴキブリの俊敏さに、とても驚きました。その後、無事退治したのですが、もしかして、まだ、もう一匹いるんではないかと、怖くて眠れない私です。
出会いたい熟女

アスペルガーや自閉症などの

何かの講師で生活しようと思いました。
というのが、渋めのものですね。前から話していた書道もそうなのですが、それよりも、江戸切子のインストラクターや、陶芸でしょうか。
自分はためしに、自閉症チェックをやってみたら、30くらい出ました。普通の人は18くらいで、33を超えると、自閉スペクトラムが強いのだそうです。
自閉症というのは、いわゆる知的障害を伴うものという視点ではなくいぇ、他人と交わるのが苦手だとかにいえるものだそうです。
有名なのがアスペルガーですね。
完全に相手が何を暗黙の意図で言っているのかわからないという奴です。

実はアスペルガーって、日本人の男性には特に多いようです。
五人に一人はそうなのだとかで、昔からいう職人気質だとかの人が、それにあてはまるのだそうですよ。
プログラマーの仕事をしていたり、一芸には優れているような不器用だけど、というタイプってアスペルガーらしいです。
そういう人に適職の本が出ていて欲しいなと思いました。
看護のお仕事